朝起きれない・めまいや立ちくらみ・吐き気・頭痛などで生活に支障を来たしている場合は「起立性調節障害」かもしれません。

起立性調節障害は漢方による改善が可能な疾患です。

では起立性調節障害に該当するのか簡易な確認をしてみましょう。

起立性調節障害チェックリスト

起立性調節調節障害かな?と思われた方は

この病について詳しく知っていきましょう

起立性調節障害の症状「朝起きがれない・立ちくらみ/めまい/ふらつき・頭痛・気分不良/倦怠感・食欲不振/腹痛・夜寝付けない」などがあります。
起立性調節障害は大きく分けて(起立直後性低血圧)、(体位性頻脈症候群)、(神経調節性失神)、(遷延性起立性低血圧)の4種類が存在し、(起立直後性低血圧)、(体位性頻脈症候群)が多く、(神経調節性失神)、(遷延性起立性低血圧)が少ない傾向にあります。

では起立性調節障害の原因について見ていきましょう。

起立性調節障害の明確な原因はわかっていませんが、「遺伝的要因・ホルモンバランス・ストレス」の3つが原因ではないかと言われています。思春期にはホルモンが増加しますが、増加するホルモンに身体が付いていけないことや、日常生活でのストレスによって自律神経が失調すると考えられています。

なぜ起き上がれなくなってしまうのか?

起立性調節障害の仕組みについて見ていきましょう。

起立性調節障害のメカニズムとしてはストレスや何らかの原因によって自律神経が失調します。その結果、交感神経が優勢にならなければならないタイミングで働かないので、血圧が高まらず、身体を動かすことが困難になります。血圧が上がらない結果、脳の血流も不足しその他の不快症状も表れます。
起立性調節障害は思春期のお子様に表れやすいです。親御様は学校に行けないことに不安を感じる方が多くおられます。しかし、起立性調節障害は機能不全により発生するものなので、お子様に寄り添うことも必要です。
起立性調節障害における西洋医学治療「生活習慣改善・薬物療法」
漢方を扱う東洋医学の世界では起立性調節障害は珍しい問題ではありません。東洋医学では起立性調節障害のもととなる自律神経にフォーカスしアプローチします。

根本改善が気になる方は

ご質問/ご相談無料なのでお気軽にお電話下さい(営業時間10:00~19:00)

東洋医学で診る起立性調節障害。漢方には自律神経のような概念を「気」と考えます。気が失調しているので気を補う漢方アプローチを行います。
ホルモンバランスについてはホルモン増加に付いていけない身体を順応するという考えでアプローチします。

生活習慣の改善と

漢方で起立性調節障害は優しく改善できる

起立性調節障害における東洋医学アプローチ
失調した気≒自律神経を立て直す漢方で崩れたバランスを整えます。
起立性調節障害は原因が不明の不調として扱われることが多く、病院で根本治療を目指すことができない場合もあります。しかし、アプローチや考え方が違う東洋医学では改善できる可能性があります。

京都市伏見区で創業55年以上になる漢方の老舗

「漢方薬舗花緑堂」では

起立性調節障害を東洋医学で改善するお手伝いをさせて頂きます。

東洋医学の問診とは
・お客様の症状/病の状態を把握する
・お客様の身体の状態を把握する
この2点の情報をもとに漢方処方を決定するという方法は中医学の伝統です。

さらに詳しく起立性調節障害について知りたい方は下の記事をご参照ください。

起立性調節障害の原因と改善に対する漢方アプローチについて

起立性調節障害は、自律神経の失調から血液循環に問題が生じ様々な症状が表れる疾患です。起立性調節障害は、主に小学校高学年から中学生・高校生に好発します。思春期の…

ご相談は無料です。お困りの場合はお気軽にご相談ください。

営業時間中(10:00~19:00)のご質問であれば、お電話でのお問い合わせが状況が伝わりやすく、お客様も当店も分かりやすいのでお勧めです。ご質問ご相談は無料です。

辛い症状に一人で悩まないでお気軽にお電話くださいませ。

お電話はこちらから

漢方薬舗花緑堂では、お客様に対する有益な情報配信と、お気軽にご質問をお受けするために公式ラインアカウントを開設させて頂きました。

お悩みに対するご質問は無料ですので是非ご活用くださいませ。

ラインはこちらから

メールはこちらから