キーン、ジーン、セミの鳴き声のようなノイズが鳴り響く耳鳴りは非常にストレスが蓄積する難病です。耳鳴りの対処療法に効果を感じられない方は東洋医学「漢方」の選択をすることも良いかもしれません。
耳鳴りチェックシート
耳鳴りチェックリスト
・耳鳴りが気になって集中できない
・静かな所にいると耳鳴りが気になる
・キーン/ジージーといった音が聞こえる
耳鳴りの東洋医学アプローチは「補腎」にあります。

耳鳴りを改善するには

音が聞こえる仕組みを知る必要があります

耳鳴りを知るには、音が聞こえる仕組みを知る必要がります。音は空気の振動であり、その振動を蝸牛内にある有毛細胞がキャッチし音に変換し脳に伝達しています。

ここからが耳鳴りが起こる仕組みの解説です

耳鳴りが発生する仕組みについては、振動を感知する有毛細胞が加齢やストレスによる血行不良などの要因で、死滅し減少することにあります。有毛細胞が減ることで変換できる音も減ってしまいます。この音域の減少を脳が感知し、音を拾おうとすることで脳が興奮し、ノイズが発生します。これが耳鳴りです。

つまり耳鳴りは「難聴」から始まる耳の問題なのです

難聴や耳鳴りを放置し、症状が進行すると、四六時中耳鳴りが発生し、ストレスが蓄積し、不眠などの睡眠障害が表れることがあります。
耳鳴りに対し耳鼻科などの病院で行われる治療「薬物療法:睡眠薬・抗精神病薬・補聴器治療」など

なかなか治療が難しい耳鳴り…

大丈夫です

東洋医学アプローチなら改善が可能です

耳鳴りは、対処療法だけでは、改善がむずしい場合があります。

根本改善が気になる方は

ご質問/ご相談無料なのでお気軽にお電話下さい(営業時間10:00~19:00)

耳鳴り治療では、症状が発生する原因となる脳の興奮を鎮めることも大切です。有毛細胞は、全ての人に等しく減少します。しかし、耳鳴りが発生していない方もおられます。ストレスの蓄積を低下させ、脳を興奮させないことで耳鳴りは緩和できます。

生活習慣の改善と

漢方なら辛い耳鳴りを優しくケアできる

耳鳴りに対する漢方アプローチ「有毛細胞が死滅する原因である血行不良を改善する・東洋医学の概念である補腎を行うことで、耳の環境を整える」
病院で耳鳴りを治療しても良くならないことがあります。しかし、西洋医学と並び漢方を用いる東洋医学は概念が全く異なる治療方法ですので、第二の治療と考えます。つまり、耳鳴りを改善する可能性があるのです。

京都市伏見区で創業55年以上になる漢方の老舗

「漢方薬舗花緑堂」では

辛い耳鳴りを漢方で改善するお手伝いをさせて頂きます。

東洋医学の問診とは
・お客様の症状/病の状態を把握する
・お客様の身体の状態を把握する
この2点の情報をもとに漢方処方を決定するという方法は中医学の伝統です。

耳鳴りについて、さらに詳しく知りたい方は下の記事をご参照ください。

頑固な耳鳴り・難聴は東洋医学「漢方」アプローチで改善

耳鳴りは本人にのみ聞こえる不快な音のことです。本人にしか聞こえない理由は、耳鳴りの音は脳が作り出しているノイズだからです。耳鳴りの大きな原因は加齢によって起こ…

ご相談は無料です。お困りの場合はお気軽にご相談ください。

営業時間中(10:00~19:00)のご質問であれば、お電話でのお問い合わせが状況が伝わりやすく、お客様も当店も分かりやすいのでお勧めです。ご質問ご相談は無料です。

辛い症状に一人で悩まないでお気軽にお電話くださいませ。

お電話はこちらから

漢方薬舗花緑堂では、お客様に対する有益な情報配信と、お気軽にご質問をお受けするために公式ラインアカウントを開設させて頂きました。

お悩みに対するご質問は無料ですので是非ご活用くださいませ。

ラインはこちらから

メールはこちらから